『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20代から60代の男性と女性、

合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

 

頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

洗髪は、皮脂を取り除くことに一生懸命になりがちですが、頭皮は顔と同じで、べたつきもするし、乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるの繰り返しで、結果、頭皮に固い部分ができてしまいます。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔さを持続して、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

意外と気づかないのは、子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそストレス、睡眠不足、偏った食生活などがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

もっとも皮脂は全くないのは良くないことです。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る役目があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、それを放置すると酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線の影響を発症しやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでまさかかゆみなしではないでしょうが、治し方の定番として皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいというなら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

page top