かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20代から60代の男性と女性、合わせて最大1万人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に付着しているためです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、それによりさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になってしまう理由は、炎症ですが、炎症の原因は頭皮の乾燥である可能性があります。

 

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

皮脂の過剰分泌の原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどがが考えられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことです。

 

適度な皮脂は、頭皮を外部の刺激や乾燥から守る機能があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や正しくない洗髪で、その量がないくらい取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線のせいで頭皮に炎症が起きるというわけです。

 

 

 

 

 

知って損はないなぜかゆみを感じるかご説明します。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

ヒスタミンはマスト細胞から排出され、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

つまり、炎症を抑えなければ、痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

page top