健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

健康な頭皮に痒みは起こらないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると認識して良いでしょう。

頭皮のかゆみは、皮脂が過剰に分泌されていたり、乾燥していたり、紫外線などによるダメージなど、いくつか原因があります。

 

 

いずれも頭皮のトラブルで髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛になります。

 

はげないとは言い切れません。

 

また、できものができて掻いて傷つき傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

頭皮のかゆみが続くならば、皮膚科などで原因を特定して対策を行う必要があります。

 

抜毛にならないよう最善を尽くしましょう。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触性皮膚炎なら原因物質との接触を避けるようにします。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、カーリング剤、整髪料が原因かどうか疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬では永遠に治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めに洗髪全般を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)しっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

頭の痒みの原因は、脂漏性皮膚炎という病気が、その1つです。

 

脂漏性皮膚炎は、皮脂が過剰分泌になると起きやすくなります。

 

頭皮に限らず肌には、健康な皮膚にするための常在菌、不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

頭皮は、遊離脂肪酸の刺激によって炎症を起こすこととなります。

 

それと刺激から頭皮を守ろうとする作用によって皮脂の分泌が増え、増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みの悪循環となります。

 

 

 

 

 

page top