痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取ってよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて指の腹で頭皮をマッサージするように洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

 

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合は洗髪に原因があり頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が刺激を受けやすくなり、痒みや湿疹を発症する場合もあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言ったならば、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎によるものならば、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを維持することです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃を結構洗い流せます。

 

次に刺激の少ないシャンプーをよく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることは厳禁です。

 

泡はお湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地表に届いています。

 

天気に関係なく外に出るときは、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないよう遮断します。

 

また、紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

page top