睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

睡眠の質が良くなると免疫力がアップします。

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、万が一、ニキビができても治りやすい肌にします。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

今日からできることがありますので、お伝えしましょう。

 

体に適度にフィットする枕やマットレスを選びます。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

ブルーライトは脳を刺激するので、寝る前はスマホなどを長時間見ないように。

 

寝る前2時間は食事をしないこと。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にきびは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

痛い思いをするのは同じでもにきび原因や治し方など治りにくいと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔にできるニキビと頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔でも頭でも肌のケアが悪いとにきびはできます。

 

頭皮については、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔に比べて長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように気づきにくいので、対処がおざなりになりがちです。

 

そのような理由で、頭皮にキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

男性でも女性でも生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたがあって痛いかゆい頭皮ニキビの治し方は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですから洗髪には注意が必要です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、その場合は、ストレスが原因かもしれません。

 

頭皮にニキビがたくさんできた、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大切なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を頭皮に直接つけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は毛穴に残らないようにすすぎをしっかりやって流しきることです。

 

洗髪後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のにできる湿疹とは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症からなるものです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

page top