脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

わかっているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、体の中で頭皮が一番多く顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビなどのできものができた場合、最初に試す価値があるのは、いつものシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮からできるだけ負担を取り除くことが大切です。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、二日に1回にしてみます。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れは適度に落ち、何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__頭にできるニキビは、余分な脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常にすることが必要です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが大切です。

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、よく眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

頭がかゆくなる原因として、脂漏性皮膚炎があります。

 

脂漏性皮膚炎とは、皮脂の分泌が多すぎると発症する炎症です。

 

頭皮に限らず肌には、肌の健康を維持するために必要な常在菌と不必要な常在菌(マラセチア菌など)がいます。

 

マラセチア菌は、皮脂を分解して遊離脂肪酸を作ります。

 

これが頭皮を刺激して炎症を起こすこととなります。

 

また皮膚はその刺激に対する防衛反応が働き、皮脂を分泌します。

 

増えた皮脂をマラセチア菌が続けて食べて刺激物を排出するという痒みのサイクルとなってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、頭皮のかゆみを放っておくともっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること間違ったシャンプーなどが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなってもたかがかゆみと軽視しないで、様子を見て専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

page top