脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

脂漏性皮膚炎で頭皮湿疹になった時、療養のポイントはシャンプーと保湿です。

頭皮湿疹の画像を見ると見えるに堪えられないレベルでかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

頭皮には、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚の構造は同じです。

 

頭皮に発症したトラブルは、まさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

シャンプーは顔にも使えるものを使い、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であってもかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、清潔な頭皮を保つことです。

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

シャンプー前にブラッシング、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、活発なアクネ菌のためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮湿疹やかさぶたができているときは、市販薬での治し方もありますが、かゆみなしかありか、1つの判断基準です。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

その時は、皮膚科の診察を受けましょう。

 

例えば、後頭部の炎症がなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーが擦れることで、それが原因になることがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは抜け毛がある子供です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

page top