赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

頭皮の炎症は、大きく分けて2つの原因があります。

 

 

頭皮に余分な皮脂があること、頭皮の乾燥です。

 

皮脂の過剰分泌のだいたいはストレス、睡眠不足、偏った食生活などが挙げられます。

 

皮脂が余計にあると頭皮の炎症を引き起こします。

 

もっとも皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

適度な皮脂は、紫外線や乾燥から守る機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激する原因になるわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

人それぞれ皮脂の必要量が違いますが、シャンプー剤や正しくない洗髪で、その必要量が満たせないほど取り除いてしまったときは、頭皮を守る皮脂の力が弱くなった状態です。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で炎症が発症することとなります。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などをかぶり紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

また、紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常にすることが大切です。

 

同時に外部の刺激に強く健全な頭皮にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることが大事ということです。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできた場合、まず最初にすることは現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくすことが大切です。

 

シャンプーの刺激が原因になっているかどうか確認するため、刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

たとえば、毎日シャンプーをしていたならば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎などの病気の可能性もあります。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、代表的なのはアミノ酸系のシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

逆に赤い頭皮はトラブルが起きているかもしれません。

 

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

たとえば顔色の場合、運動をしたり長時間の入浴をすると毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合は事情が違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、また血管が細いし、血行が悪いため白いわけです。

 

ですから運動や入浴をしていない通常時に頭皮に赤みがあるとむしろ、血流が悪いせいで頭皮にトラブルがあるかもというわけです。

 

 

 

 

 

page top