頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、肌がごわついた感じになります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなど様々なことをきっかけにして発症します。

 

フケや痒みについては、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、その「できもの」を触らないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、簡単に見えないことが多くそのため指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態がさらに悪くなる可能性があります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触れないことが一番です。

 

 

 

 

 

赤い頭皮になることを防止するためには、紫外線対策をします。

 

紫外線は、季節にかかわらず地上に降り注いでいますので、晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に直接当たることがないように心がけます。

 

そもそも紫外線に負けないよう健康な頭皮にすることが大切です。

 

そのためには頭皮を乾燥させたり、必要以上に皮脂が分泌されないようにします。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、根本的には、生活習慣の改善が急務です。

 

ストレスや栄養バランスの悪い食事、質の悪い睡眠などが病気以外の根本的な原因ですので、目先の対処ではなく、しっかりと自分を見直していきましょう。

 

 

 

 

 

page top