頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌や肌再生に支障が起きてしまうなどで毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、

毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

顔にできるにきびと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるでしょう。

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、不思議な点かもしれません。

 

知らない人が少なくないのは、顔のにきび、そして頭皮にあるにきびは、症状は同じです。

 

顔と頭、原因はどちらも余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも条件が揃えば、にきびはできます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が盛んです。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔にできるにきびのように目立たないので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭皮にキビは治りにくいと諦め気分になりがちかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは皮脂を増やす原因となり、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、ストレスを溜めやすい人は発散のやり方がわからないという人が多いのも事実です。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶からできるだけ離れること、そしてできるだけ考えないことが基本になります。

 

ストレスの原因が、「職場や学校」や「他人」などであれば、自分だけの場所や時間を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法を探してみませんか?

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、清潔な頭皮を保つことです。

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、シャンプー後はよく乾かすことです。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないよう爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってすすぎます。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top