頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を利用したシャンプー剤は避けるべきです。

 

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、頭皮との相性と合わないこともないとは言えないので、そういったことも踏まえた上でシャンプー商品を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

最後に、トライヤーと髪は15p以上離してしっかりと乾かしましょう。

 

 

 

 

 

ニキビやできものが頭皮にできてしまったら最初に試す価値があるのは、現在使っているシャンプーをできるだけ刺激の小さいシャンプーに交換することです。

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプーの刺激が原因なのか探るために刺激の小さなシャンプーに変えて、洗髪の回数を減らしてみます。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

シャンプー剤を変えてもシャンプー回数を減らしても症状が変わらないなら接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激というのは硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

洗浄力が高い「〜〜硫酸」とか「〜〜スルホン酸」などの成分が含まれず、汚れが落としながらも何より頭皮への刺激が小さいです。

 

__赤い頭皮になってしまう理由は、皮脂によって炎症を起こしている可能性があります。

 

頭皮の炎症は、主に2つの原因があります。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮が乾燥していることです。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、だいたいは食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は炎症になります。

 

もっとも皮脂は完全な悪者ではないという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から守る役目があります。

 

問題なのは過剰にあることで、それを放置すると皮脂は過酸化皮脂になってしまい頭皮を刺激してしまうというわけです。

 

乾燥した頭皮は紫外線ダメージを受けやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤の影響や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が弱くなった状態です。

 

そのうえで紫外線を浴びると日焼けもするしその紫外線の影響で頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)考えられますので、そのトラブルをそのままにしておけばますます状況が悪くなって、抜け毛、ひいては薄毛になってしまう危険があります。

 

子供でも同様に間違った治し方だとかゆい痛いが治らない事例もありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスや自律神経の乱れ、間違ったシャンプーなどがあり、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないために洗髪は、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは禁物です。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めのお湯とは、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top