頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと深刻な病気と思っていない人は、

なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって発症します。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べて排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただブツブツから膿が出て痛いが治らないは、ガンになるのかという心配はあります。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、気を付けなかればなりません。

 

 

 

 

 

頭皮が赤くなる(=炎症)を防ぐには、頭皮を紫外線から守ることを考えます。

 

紫外線は人の目には見えないだけでいつでも地表に届いています。

 

晴天でも雨天でも外出の際は、帽子などで紫外線が頭皮に届かないように心がけます。

 

そもそも紫外線を浴びても支障がないように健全な頭皮を維持することは重要です。

 

だから皮脂の過剰分泌や頭皮の乾燥にならないように努力します。

 

頭皮の乾燥や過剰な皮脂にならないようにするためには、生活習慣の見直しが必要かもしません。

 

浅い眠りや水分不足、不規則で栄養のバランスが悪い食事、精神的なストレスなどが、病気以外の根本的な原因ですので、それらに注意また改善の努力が必要です。

 

 

 

 

 

頭から出る白いかさぶたは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で28日かけて肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

page top