頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点はシャンプーと保湿です。

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の定番として皮膚科の受信は外せないですね。

 

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると「頭がかゆくなることがある」が56%、「一年中痒い」が42%、痒いときどうするかの問いには、「掻く」53%、「何もしない」21%、「シャンプー」40%、「市販薬を使う」6%、「病院からの処方薬を使う」5%だったそうです。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただ、掻くという行為は肌を傷つけて悪化させてしまう危険があるので、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、過剰や皮脂の分泌やターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで起きます。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびになりやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、皮脂や角質などの汚れがたまりやすく痛みやかゆみを放置しておくと膿となり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビやできものができやすい人は、ストレスを溜めやすい人です。

 

ストレスは、皮脂の過剰分泌を誘発し、余分な皮脂はニキビやできものを作り出す原因となります。

 

そのことからストレスは溜めないで、発散することが大切というのが理屈ですが、実は、ストレスを溜めこみやす人は発散のやり方がわからないという人が多い傾向でもあります。

 

「この方法なら誰でも発散できる」なんて言うものは、残念ながらないですが、やはりストレスの元凶から離れること、考えないことが基本になります。

 

ストレスの元凶がたとえば家の外であれば、その中でも誰にも干渉されない場所を探し出すことで離れられると思います。

 

家の中や自分自身の場合は、良くも悪くも割り切って認めることから始めますかね。

 

できものの原因がストレスの場合は、ストレスが小さくなればなるほど解消されやしので、自分なりのストレス発散の方法をぜひ探してみましょう。

 

 

 

 

 

page top