頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

頭皮のにきびは、余分な脂が毛穴に詰まることで起こる炎症ですから皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが大切です。

同時に外からの刺激に耐えられる健全な頭皮にすることが重要です。

 

 

それを実現するためにできることをお話しします。

 

ストレス軽減、脂質の多い食事を減らす、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮に優しい洗髪をする。

 

以上です。

 

総じていえば生活習慣を見直して、頭皮に余計な刺激をしないことが大事ということです。

 

 

 

 

 

実は、頭皮は白い状態が正常です。

 

むしろ頭皮が赤いとトラブルが起きているかもしれません。

 

赤い頭皮は血流が悪い事を意味し、それは頭皮に問題を引き起こす原因になります。

 

顔色ならば、運動や入浴で毛細血管が拡張して赤くなります。

 

しかし頭皮は、ちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、焦って病院の診察を受けようとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって発症します。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、その代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、ドラッグストアや薬屋で変える薬でも処方薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のかゆみは健康な頭皮には出ないので、痒みがあるということは、頭皮が不健康な状態になっていると考えられます。

 

頭皮が痒いのは、頭皮や空気の乾燥とその逆の皮脂の過剰分泌、菌やダニ、紫外線など原因は様々です。

 

何が原因だとしても髪の成長には、足かせになってしまうため酷くなると抜け毛につながることもあります。

 

それに汗をかくことも合わさって掻き、そして傷がつき、傷がもとで痒くなるという痒みのサイクルに陥ることもあります。

 

痒みが数日間に及ぶなら皮膚科などで原因を特定してそのうえで、適切な治療を選択します。

 

抜け毛まで発症させないように注意しましょう。

 

 

 

 

 

page top