頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが必要です。

頭皮のにきびは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で発症する炎症のため皮膚の再生サイクルを正常に戻すことが必要です。

同時に外部の刺激に強く健康な皮膚にすることが大切です。

 

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、タバコを止める、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮をきれいに保つ、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

総じていえば規則正しい生活の上、頭皮を優しくケアすることがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気かもしれません。

 

ふんや脱皮殻のアレルギー反応で痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒み有無や痒みの程度だけでなく患部の見た目で判断する場合が多いです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、まず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では治らない可能性もゼロではありません。

 

もちろん、素人ではそれすらも正しく判断できない可能性もあるので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、できものがあったり、痒い、かゆくないけど痛い等の主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

素人判断で症状が悪化しないようにそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮は白いのが当たりまえってご存知ですか?

 

むしろ頭皮が赤いと何らかの異常があります。

 

赤い頭皮は血行が悪い状態で、それは頭皮に問題を引き起こすきっかけになりやすいです。

 

たとえば顔色の場合、運動や入浴で毛細血管が刺激されて広がり赤くなります。

 

でも頭皮の場合はちょっと違います。

 

頭皮は身体の中で心臓から遠く、血管が細くもともと血流が悪いので白いのです。

 

ですので、何もしていないときに頭皮が赤いということは、血行不良で皮膚が異常な状態にあると言えます。

 

 

 

 

 

page top