頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

頭皮のニキビやできものの対策として、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、手で泡を作ります。

 

シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

水分は、タオルで押さえるようにして水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、それはできものができやすいことを意味しますので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付けないようにします。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、一番良いことは、触れないということです。

 

痒いならなおさらです。

 

できものがあると、とくにいぼなどはどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた「できもの」は、まず直接見ることはできません。

 

しっかりと観察できないから指先を使って確認したくなってしまいます。

 

ただし、繰り返しになりますが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、見えない雑菌を恐れることはありません。

 

でも患部に大量の雑菌が付けば、そのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

赤い頭皮の対策は、手始めにシャンプー剤とシャンプーのやり方を再チェックします。

 

頭皮は炎症を起こしているので、まず洗浄力が高い成分(○○硫酸)を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほどの力はないくらいが丁度良いので、程よく汚れがとれる程度のアミノ酸系のシャンプーにしましょう。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、頭皮との相性と合わないこともないとは言えないので、その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

ゴシゴシ洗い、爪立て洗いはいけません。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

その後はしっかりすすいで、ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

 

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で28日かけて表皮の最も外側にある角質になります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥し、刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が外部の刺激に弱く、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

page top