頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、

清潔な頭皮を維持することです。

 

 

清潔にするためには、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけないようゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

最後に泡は、お湯を惜しまず使ってすすぎます。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングです。

 

シャンプー剤を付ける前にはぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、それはできものができやすいことを意味しますので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、シャンプーと保湿が大切です。

 

洗髪は、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきもするし、乾燥もあります。

 

痒みが出るときもあるので、掻くのと治まるを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷いときは、ネットで検索できるような画像と同じように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

ストレスが原因かもしれませんし。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

後頭部に炎症ができてなかなか治らないという場合は、患部と枕カバーがこすれ合うことで、治りにくいということがあります。

 

枕カバーは清潔にするよう心掛け、肌に優しいシャンプーで洗髪してください。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

痛いとかかゆい等症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

普段は停止状態ですが肌が傷がつくなどをきっかけに活性化します。

 

炎症が起きている皮膚の中では、「マスト細胞(ヒスタミンなどを含んでいます)」が集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらの物質が「かゆみ神経」を刺激することで「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くというメカニズムです。

 

 

 

 

 

page top