頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

頭皮の痒みが強くブツブツもある場合は、国立感染症研究所によるとヒゼンダニが原因の疥癬(かいせん)という病気の可能性もあります。

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みが出ます。

 

 

人から人に感染するので、老若男女、顔でも頭でもブツブツができます。

 

通常疥癬よりノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、痒くないケースもあるので、痒みで判断するよりも肌の見た目で判断するようです。

 

皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、アトピー性皮膚炎、虫刺され、皮脂欠乏性湿疹と症状が似ているので専門医ですら判断するのが難しく、まして素人ではほぼ無理です。

 

予防のためには、誰でもできることは、疑うことです。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケアのやり方を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯ですすぎ、十分に濡らします。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

水分は、タオルで押さえるようにして吸い取るイメージです。

 

その後に必ずドライヤーで髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

生乾きの状態は雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛対策になります。

 

痒みがあるということは、頭皮のトラブルが(トラブル例はネットでの検索画像を参照)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛、ひいては薄毛になってしまう危険があります。

 

それは子供でも同じで、治し方を間違えるとかゆい痛いが治らない事例も考えられます。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛に直結ということではないですが、かさぶたを伴うかゆみの原因は頭皮の過剰な皮脂や乾燥、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を発症させることもあるので、注意しましょう。

 

市販薬でかゆみなしとなっても痒みを軽く考えず、何日か続く場合は専門の医療機関で診察してもらいましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、まずはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を当然持っていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、使い方によっては残したい水分や油分さえ洗い流してしまって、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にもいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

頭皮が赤い人は、シャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、絶対にいけません。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

page top