頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

シャンプーは、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、硫酸系の成分を利用しています。

 

 

○○硫酸は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを与えることがあります。

 

そのようなシャンプーは毎回使うことで頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系のシャンプーでさえ、無条件には安心できません。

 

その洗浄成分には様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

口コミなどを参考にシャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

相性が良さそうなシャンプーを選んだあとは、次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

また、シャンプー剤を直接頭皮に付けるとか、すすぎが中途半端で汚れだけでなくシャンプー剤を洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因になるでしょう。

 

 

 

 

 

男性も女性も生え際が心配で、ハゲるだのハゲただの気が重くなりますね。

 

(花王キュレルをおすすめするサイトが多いですが)頭皮にかさぶたと痛いかゆい頭皮ニキビの対策方法は原因排除が重要で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですので、そのためシャンプーは必須です。

 

たとえば、頭痛があってフケだらけならオロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、洗髪のやり方を見直しましょう。

 

大事なことは、成分に関係なく洗髪の時のシャンプー市販を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはきちんと落とすこと、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、そしてシャンプー剤は頭皮や髪にに残らないようにすすぎをしっかりやって終わらせることです。

 

シャンプー後は、髪を生乾きにしないことが大切です。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そのうえでシャンプー剤を付けますが、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものやニキビができている箇所は、特に気を付けて泡で洗いましょう。

 

健康な個所は、指の腹でマッサージをしながら洗っていいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎないように注意してください。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付けないようにします。

 

 

 

 

 

質の高い睡眠は、免疫力がアップします。

 

それと肌のターンオーバーを促す成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

免疫力アップは、ニキビやできものができにくくなり、肌の再生サイクルが正常であれば、ニキビやできものができても治りやすくなります。

 

では、質の高い睡眠のためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

すぐにでも実行可能な、効果が期待できる心がけがありますので、お伝えしましょう。

 

マットレスや枕は体に合ったものをを選ぶこと。

 

寝るときと睡眠中は暗く静かにすること。

 

寝る直前にパソコンやタブレット・スマホのディスプレイのブルーライトを浴びないこと。

 

寝てる間に胃の消火活動させないよう、寝る前は何も食べないようにします。

 

入浴をするなどして寝るときに体を温めておくこと。

 

このようなことが熟睡するコツで、睡眠の質を上げることができます。

 

 

 

 

 

page top