頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、その原因を明確にするのが大切です。

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎の場合はシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、臭いべたつきに注意しながら頭を洗う頻度を小さくする方が良いです。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診することで医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らないこととなり、かゆみなしというわけにはいきません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言うときがありますが、まさか抜け毛になるなんてことあるのでしょうか?

 

 

 

 

 

赤い頭皮になっているのは、皮脂によって炎症を起こしている疑いがあります。

 

頭皮に炎症を起こした場合、主に2つの原因があると言われています。

 

皮脂の過剰な分泌と頭皮の乾燥です。

 

1つ目の皮脂が過剰である理由ですが、原因は、おおよそ食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなどが挙げられます。

 

過剰な皮脂は頭皮の炎症を引き起こします。

 

勘違いしないでほしいのは、皮脂は全くないのは良くないことという点です。

 

皮脂が頭皮に適量あると紫外線や乾燥から影響されないようにする機能があります。

 

あり過ぎることが良くないことで、そのままにしておくと酸化して過酸化脂質に変化して頭皮を刺激してしまうになるわけです。

 

頭皮が乾燥していると紫外線ダメージを発症しやすくなります。

 

必要な皮脂の要は、人によって違いシャンプー剤や間違った洗髪のやり方によって、その量がないくらい洗い流してしまった場合などは、頭皮が皮脂によって守られる作用が小さくなったことを意味します。

 

そういった状態で紫外線を浴びれば、その紫外線の影響で頭皮に炎症が起きることとなります。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔などほかの肌と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい環境になっています。

 

また、頭は髪が多いので、角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿となり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

男性も女性も将来ハゲるだの既に生え際がハゲただの悩みは尽きません。

 

(花王のキュレルはおすすめとも聞きますが)頭皮にかさぶたがあってニキビができて痛い・かゆいときの対策方法は原因をなくすことが大切で、まずは頭皮をきれい(画像)にすることですので、洗髪には注意が必要です。

 

ちなみに頭痛とともにフケだらけの場合、オロナインでは治らないことが多く、そのケースでの原因は、ストレスの可能性もあります。

 

頭皮ニキビができてしまった、あるいはたくさん赤いポチポチがある人は、シャンプー方法を見直しましょう。

 

大切なことは、どんな成分でもシャンプー市販剤を直接地肌につけないこと、毛穴に詰まった汚れはしっかりとること、頭皮は指の腹でマッサージするように洗うこと、また洗髪の時のシャンプーは毛穴に残らないように十分にすすいで流しきることです。

 

シャンプー後は、頭皮をしっかり乾かすことも大切です。

 

 

 

 

 

page top