頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

頭皮湿疹やかさぶたがあるとき、まず原因をはっきりさせましょう。

接触皮膚炎の場合は原因物質との接触を避けるようにします。

 

 

脂漏性皮膚炎の画像は、結構、痛々しいですよね。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑うべきです。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の皮脂を失っていることが考えられるので、臭いべたつきに注意しながらシャンプーの回数を減らすと良いでしょう。

 

あるいは、免疫力が低下したことで、皮膚が過敏になることで、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

自分では原因がわからない、治し方も不明の場合は、専門の医療機関を受診して適切な薬を処方してもらいましょう。

 

そうしなければ家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供が頭かゆいとか痛いとか言ったならば、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直すことも大切です。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングをします。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、シャンプー剤を直接つけるのではなく泡で洗うというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

健康な個所は、指の腹で優しくマッサージをするのはいいですね。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように吸い取るイメージです。

 

後は、ドライヤーで頭皮と髪の毛を乾かします。

 

半乾きにしておくと、雑菌が繁殖しやすく、できものができやすい状態ですので、それを防ぐために乾かします。

 

トリートメントは、髪には良いですができものには良くありませんので、付け過ぎ厳禁です。

 

全て刺激物ですので、できものの個所には、付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、つまり頭皮に炎症が発症していることも考えられ、症状の程度によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん治るか治らないか、それすらも正しく判断できない可能性もあるので、やはり病院の専門医の診断を受け、最適な投薬と治療をした方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりもそれぞれの症状に最適な治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

 

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮をマッサージするようにまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、頭からドライヤーを離し、熱風が直接髪にあたらないように注意します。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top