かさぶたは、3種類(白、黄、赤黒)あります。

かさぶたは、3種類(白、黄、赤黒)あります。

白いかさぶたは、乾燥していて文字とおり白っぽく、フタのように患部にかぶさった感じです。

 

 

描きすぎるとできやすく、落ちてフケになります。

 

黄色は、汁が出たあと表面が乾いた状態です。

 

かさぶたをはがしたりするとなかなか治らないです。

 

皮膚科医による治療をお勧めします。

 

赤黒いのかさぶたは、患部をひっかくなどして血が出た後、表面だけ乾いたものです。

 

いじらずにいることで、自然と治ることが多いです。

 

どちらにしてもかさぶたを無理にはがすことはしない方が無難です。

 

 

 

 

 

かさぶたができる原因は、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹という皮膚炎によるものです。

 

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くカサついています。

 

ですが、出血するほど悪化することもあり、赤黒くなる場合もあります。

 

痒みはできるだけ我慢して掻かないことが大切です。

 

刺激の強いシャンプーを使わなければ、自力で治せる可能性もあります。

 

接触性皮膚炎でのかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので痒みが強いのが一般的です。

 

そのため出血するほど掻き過ぎてしまい、それからできる赤黒いかさぶたです。

 

水ぶくれや湿疹を出ることがあります。

 

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使った方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、白くなることが多いです。

 

肌の常在菌であるマラセチア菌の餌になる皮脂が過剰で、菌の活性化によって炎症を引き起こし、肌の循環再生が正常に働かなくなるからです。

 

頭部白癬によるかさぶたは、黄色や赤黒まで様々です。

 

原因は白癬菌で、頭に水虫ができたようなもの、かゆいです。

 

4つの中では症状が取れるまで最も時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 

 

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、いくつかあります。

 

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

 

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

 

頭皮の最低限の皮脂さえも洗い流してしまうことで、頭皮乾燥につながり、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

 

また、市販されているシャンプーやヘアトニックなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因として考えられます。

 

それと洗髪に熱いお湯を使っても必要以上に皮脂が取れてしまい、頭皮改善の足かせになります。

 

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

 

他、頭皮には避けたい刺激といえば、紫外線、寒さ、空気の乾燥などですのでできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

page top