なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、様々です。

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、様々です。

最も大きい理由としては、シャンプー剤の成分です。

 

 

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

 

頭皮の最低限の皮脂さえも洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

 

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを過剰な頻度で使うとか、頭皮に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因になると言えます。

 

それと洗髪に熱いお湯を使っても必要以上に皮脂が取れてしまい、頭皮改善の足かせになります。

 

このように髪や毛穴の清潔さを保つためのシャンプーが引き金となって、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

他に頭皮への悪い刺激といえば、UVや空気の乾燥、寒さ等がありますので、積極的な保湿を意識しましょう。

 

 

 

 

 

乾燥・敏感な頭皮の人は、シャンプーを再チェックしましょう。

 

絶対に避けたいのは、頭皮の皮脂をほとんど取り除いてしまう石油系の界面活性剤が含まれているシャンプー剤です。

 

ラウリル硫酸(ナトリウム)と成分表にその記載がある商品は、使わないようにします。

 

洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーがお勧めです。

 

花王のキュレル、第一三共ヘルスケアのミノン、大島椿の椿油シャンプーなどは、市販のシャンプーの中で人気が高いですね。

 

続けることで頭皮の痒みや痛みなどの不愉快さがなくなって乾燥が改善できれば、気になっていたフケも収まってくる可能性が高くなります。

 

その他、シャンプー選びのポイントをご紹介します。

 

オイル系シャンプーなら植物オイルや馬油など主成分には自然由来の原料が使われているものが良いです。

 

石鹸系は、洗浄力が強い弱アルカリ性ではなく、弱酸性のものがイイでしょう。

 

薬用シャンプーなら乾性フケに効果が期待できるアラントイン入りのものを選びます。

 

 

 

 

 

かさぶたは、3種類(白、黄、赤黒)あります。

 

白いかさぶたは、乾燥していて文字とおり白っぽく、フタのように患部にかぶさった感じです。

 

描きすぎるとできやすく、落ちてフケになります。

 

黄色のかさぶたは、膿が出て中はじゅくじゅくしています。

 

触ったりすると破裂してさらに悪化することがあります。

 

専門の病院に診せて薬などを処方してもらった方がいいでしょう。

 

赤黒いのかさぶたは、傷になるほど掻くなどして出血した後、表面だけ乾いたものです。

 

市販のオロナインを使うことで、自力で治すこともできます。

 

いずれにしてもわざわざかさぶたをはがすようなことは止めましょう。

 

 

 

 

 

page top