アラントインとは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、

アラントインとは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、

アレルギー緩和効果、細胞の若返りなどに高い効果があるとして医薬品に含まれる成分です。

 

 

化粧品に含まれると医薬部外品となります。

 

抗炎症作用や抗刺激作用により化粧品に利用し化粧品に含まれる他の成分による刺激性を抑えることで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに価値のある成分です。

 

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

 

 

 

 

 

頭皮がの痒い、痛い、カサカサなど症状は、頭皮の乾燥から始まった症状です。

 

頭皮が乾燥している状態では、保湿の機能と抗菌的な機能が、弱くなるので、様々な頭皮トラブルとなります。

 

誰もが一度や二度気にしたことがあるのが、フケです。

 

フケは、脂性と乾性の2種類あります。

 

乾性のフケは、頭皮の乾燥が進み、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれたものです。

 

健康な頭皮であれば、目立たない大きさのはずですが、ターンオーバー(肌再生のサイクル)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

 

もう1つの頭皮のトラブルは湿疹です。

 

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

 

特に乾皮症皮脂欠乏症湿疹は乾燥が主な原因で、皮膚のひび割れ、カサカサのことでやはり冬に多く見受けられる症状です。

 

それと頭皮トラブルに起因する抜け毛も重大ですが、それについては、また別の機会にお話しします。

 

 

 

 

 

かさぶたになる理由は4つあり、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎という皮膚炎によるものです。

 

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くカサついています。

 

ですが、出血するほど悪化することもあり、赤黒いかさぶたになることもあります。

 

痒みはできるだけ我慢して掻かないことが大切です。

 

肌に優しいシャンプーを継続することで、自力で治せる可能性もあります。

 

接触性皮膚炎によるかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので痒みが強いのが一般的です。

 

そのため出血するほど掻き過ぎてしまい、それで赤黒くなります。

 

湿疹や水膨れの症状を出ることがあります。

 

できるだけ刺激の少ないシャンプーを選ぶべきです。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、白くなることが多いです。

 

肌の金のエネルギー源である皮脂が多すぎるため、その菌によって炎症を起こし、肌の循環再生が正しく行われなくなるからです。

 

頭部白癬によるかさぶたは、黄色や赤黒まで様々です。

 

原因は白癬菌で、水虫が頭皮にできたと考えてください。

 

よほど丁寧に地肌ケアしないと完治まで相当時間がかかるでしょう。

 

 

 

 

 

page top