アラントインは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、

アラントインは、肌荒れ、にきびの赤み改善に役立つ消炎効果、アレルギー抑制作用、

細胞の若返りなどに高い効果があるとして医薬品に利用される成分です。

 

 

化粧品に含まれると医薬部外品の化粧品に昇格します。

 

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に含めることで、化粧品に含まれる他の成分による刺激性を緩和することで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに有用です。

 

また、育毛の効果があったり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のためほとんどの目薬に配合されています。

 

 

 

 

 

頭皮がの痒い、痛い、カサカサなど症状は、頭皮の乾燥が原因が1つです。

 

乾燥している頭皮は、保湿の機能と抗菌的な機能が、著しく損なわれるので、様々な頭皮トラブルとなります。

 

頭皮トラブルの代表格といえば、フケですね。

 

フケは、2種類(脂性、乾性)あります。

 

乾性のフケは、頭皮の乾燥が進み、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれた状態です。

 

健康な頭皮であれば、目立つものではないのですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

 

もう1つの頭皮のトラブルは湿疹です。

 

原因や症状により、アトピー性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹に分かれます。

 

特に乾皮症皮脂欠乏症湿疹は乾燥が主な原因で、カサカサひび割れしている状態でどうしても乾燥した時期に発症しやすいです。

 

それと頭皮トラブルに起因する抜け毛も重大ですが、ただ、抜け毛に関しては別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

かさぶたは、主に3つの色(カラー)で症状を分けられます。

 

白は、皮膚に炎症が起きてその後に白っぽい蓋のようなものが、患部にかぶさった感じです。

 

掻き過ぎてできたかさぶたで、落ちてフケになります。

 

黄色は、膿が出て中はじゅくじゅくしています。

 

かさぶたをはがしたりするとなかなか治らないです。

 

皮膚科医による治療をお勧めします。

 

赤黒色は、患部をひっかくなどして血が出た後、表面だけ乾いたものです。

 

いじらずにいることで、自力で治すこともできます。

 

どちらにしてもわざわざかさぶたをはがすようなことは止めましょう。

 

 

 

 

 

page top