フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは間違いです。

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは間違いです。

シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を過剰に洗い流してしまいます。

 

 

そのことが皮脂を過剰に分泌したり、臭いの原因になったりするので、洗髪は、一日に2回以上しないよう心掛けた方がいいです。

 

そして洗髪は、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、原液が付かないよう泡にして、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

 

また、最初に後頭部や耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番も意識しましょう。

 

最後は、十分かつ丁寧にすすぎシャンプーが残らないように注意してください。

 

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア用品をお勧めしたいところですが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

 

もし、皮膚科などから処方された薬があるならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いと思います。

 

 

 

 

 

かさぶたは、主に3つの色(カラー)で症状を分けられます。

 

白いかさぶたは、乾燥していて文字とおり白っぽく、フタのように患部にかぶさった感じです。

 

掻き過ぎてできたかさぶたで、頭から落ちたものはフケと呼びます。

 

黄色は、汁が出たあと表面が乾いた状態です。

 

触ったりすると破裂してなかなか治らないです。

 

専門の病院に診せて薬などを処方してもらった方がいいでしょう。

 

赤黒色は、傷になるほど掻くなどして血が出た後、乾いた状態です。

 

市販のオロナインを使うことで、自然と治ることが多いです。

 

いずれにしてもわざわざかさぶたをはがすようなことは止めましょう。

 

 

 

 

 

精神的な圧迫感、不愉快な気持ち、寝不足、食生活の乱れも痒みやフケを伴う頭皮乾燥を発症させる原因です。

 

精神的なストレスがたまったり睡眠時間の不足は、全体的に血行が悪くなります。

 

それにより新陳代謝が鈍り、古い角質から新しい角質に変わる肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正しく行われにくくなります。

 

それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が弱くなり、乾燥につながります。

 

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

 

なおアトピーの肌は、肌再生のサイクルが、短い状態です。

 

肌再生のサイクルを正しく行うためには、まず正しい睡眠が必要です。

 

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、この最初の深い眠りをしっかり眠ることが大切です。

 

次に食生活です。

 

ビタミンを正しく摂れないことが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは体の代謝への影響が大きいので、適度に摂れるように心がけましょう。

 

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

 

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、バナナなら簡単に摂れますね。

 

 

 

 

 

page top