フケが気になるからといって一日のうち洗髪を2回以上しているならば、

フケが気になるからといって一日のうち洗髪を2回以上しているならば、

それは止めましょう。

 

 

シャンプーのし過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を過剰に洗い流してしまいます。

 

それにより皮脂の過剰分泌、ひいては臭いの原因になるので、シャンプーの基本は、1日1回です。

 

そして洗髪は、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、十分に濡らして泡をたて、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

 

また、後頭部から耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番を気にすることも大切です。

 

最後は、十分かつ丁寧にすすぎシャンプーが残らないように注意してください。

 

ときどき頭皮乾燥オイルでオイルマッサージなどのケア方法をお勧めしたいところですが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

 

もし、皮膚科の薬を使用するならどんなに人気ランキングの上位商品でも頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いと思います。

 

 

 

 

 

かさぶたができる原因は、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎です。

 

皮脂欠乏性湿疹によるかさぶたは、白くて乾燥している感じです。

 

ですが、出血するほど悪化することもあり、赤黒くなる場合もあります。

 

強い痒みがあっても掻かないことが大切です。

 

刺激の強いシャンプーを使わなければ、症状の改善もあり得ます。

 

接触性皮膚炎でのかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので痒みが強いのが一般的です。

 

そのため掻きすぎて出血し、それで赤黒くなります。

 

湿疹や水膨れの症状を発症することもあります。

 

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使った方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、ほとんど白いかさぶたになります。

 

肌の金のエネルギー源である皮脂が多すぎるため、その菌によって炎症を起こし、ターンオーバーが正しく行われなくなるからです。

 

頭部白癬でのかさぶたは、膿によるもの、血が固まったものがあります。

 

白癬菌はカビの一種で、水虫が頭皮にできたと考えてください。

 

よほど丁寧に地肌ケアしないと完治まで最も時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 

 

頭皮が乾燥する原因は、様々です。

 

代表的な原因は、シャンプーでの過剰な刺激です。

 

これは、男性でも女性でも子供でも赤ちゃんでも夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

 

頭皮になくてはならいない分の皮脂を取り除いてしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

 

また、ドラッグストアで買えるトニックシャンプーなどを利用する頻度が高いとか、頭皮に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因になると言えます。

 

それと暑いシャワーを頭皮にあてても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、頭皮改善の足かせになります。

 

このように頭皮と髪を清潔にするはずの洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

他に頭皮への悪い刺激といえば、紫外線、空気の乾燥、寒さ等がありますので、できるだけ避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

page top