精神的な圧迫感、不愉快な気持ち、寝不足、栄養不足もカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

精神的な圧迫感、不愉快な気持ち、寝不足、栄養不足もカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり睡眠時間の不足は、全体的に血行が悪くなります。

 

 

すると体の代謝力が低くなって、古い角質から新しい角質に変わる肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

 

それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が弱くなり、乾燥してきます。

 

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

 

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌再生のサイクルが、短い場合が多いです。

 

肌の循環過程を正常化させるには、まず質の高い睡眠が大切です。

 

就寝後90分間が、最初のノンレム睡眠(深い眠り)なので、この最初の深い眠りをキチンと深い眠りにできるかが大切です。

 

それと食事の摂り方です。

 

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、特にビタミンB6とビタミンAは体の代謝への影響が大きいので、上手に摂れるように心がけましょう。

 

ビタミンAはほうれん草、人参、紫蘇(しそ)から摂りやすいです。

 

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、バナナなら簡単に摂れますね。

 

 

 

 

 

頭か痒いなと思ったらかさぶたができていた。

 

そして、白いカサカサのフケが落ちるようになった。

 

病気だろうか?

 

何か治療をした方がいいのだろうと思うが、その前にメンズシャンプーなどを変えてみよう。

 

保湿のためにできることも必要なので、保湿剤も塗り過ぎに注意してケアしてみよう。

 

 

 

 

 

頭皮かさぶたの予防や治すための考え方です。

 

皮脂の分泌を抑える:ビタミンB群を意識して脂質や糖質に偏らず、栄養バランスの整った食事にしましょう。

 

新陳代謝やホルモンバランスの安定:ホルモンバランスを乱さないためには、質の高い睡眠とストレスを溜めないことが重要です。

 

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、寝る前は物を食べない、ブルーライトは避けるなどの注意しましょう。

 

また、日中の運動は血流が良くなり代謝にいい影響がありますし、寝つきも良くなります。

 

洗髪と洗髪後:頭皮を無駄に刺激しないよう頭皮に優しいシャンプーを利用します。

 

洗髪後、髪や頭皮が濡れたままだと蒸れてマラセチア菌が増えてしまうこともありますので、しっかり乾かしましょう。

 

痒みを抑える、皮膚炎を治す:痒みがなくなれば掻かずに済むので、頭皮に傷を作ることはないでしょう。

 

ですから痒みが強かったり白以外のかさぶたであれば、皮膚炎の疑いがあるので、皮膚科で最適な治療を受けましょう。

 

 

 

 

 

page top