頭皮のかさぶたについて、予防や治すための考え方です。

頭皮のかさぶたについて、予防や治すための考え方です。

皮脂分泌の抑制:ビタミンB群の摂取を心がけ、脂質や糖質に偏らず、栄養バランスの整った食事にしましょう。

 

 

ホルモンバランス/新陳代謝の改善:ホルモンバランスの安定化のためには、良質な睡眠やノンストレスが大切です。

 

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、寝る前は物を食べない、ブルーライトは避けるなどの工夫が必要です。

 

また、日中の運動は血流が良くなり代謝にいい影響がありますし、寝つきも良くなります。

 

シャンプーとシャンプー後:頭皮を無駄に刺激しないよう頭皮に優しいシャンプーを利用します。

 

また、シャンプー後に髪や頭皮が濡れたままだと蒸れて常在菌が増殖しますので、熱風に注意しつつドライヤーで乾かします。

 

痒みを抑える、皮膚炎を治す:痒みを抑えれば掻くことが減り頭皮を傷つけるリスクが下がります。

 

ですから痒みが強かったり白以外のかさぶたであれば、皮膚炎だと思い病院で正しい処置をしてもらうことが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮トラブルの多くは、頭皮の乾燥から始まった症状です。

 

頭皮が乾燥している状態では、頭皮に水分を維持する機能と雑菌を防ぐ機能が弱くなるので、いろいろな頭皮のトラブルを引き起こすわけです。

 

誰もが一度や二度気にしたことがあるのが、フケです。

 

フケは、脂性と乾性の2種類あります。

 

乾性のフケは、乾燥し過ぎで生まれるのですが、頭皮の表皮細胞が浮き上がって剥がれた状態です。

 

頭皮が正常であれば、目立たない大きさのはずですが、ターンオーバー(肌の循環過程)が、乱れていると大きな塊として剥がれ目立つのです。

 

もう1つの頭皮のトラブルは湿疹です。

 

4種類(乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎)あります。

 

中でも乾皮症皮脂欠乏症湿疹は主な原因は乾燥で、皮膚のひび割れ、カサカサのことでどうしても乾燥した時期に発症しやすいです。

 

それとそれらのトラブルの後は、抜け毛も心配です。

 

ただ、抜け毛に関しては別の記事で書きたいと思います。

 

 

 

 

 

かさぶたができる原因は、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹です。

 

皮脂欠乏性湿疹でのかさぶたは、白くカサついています。

 

しかし悪化すると出血し、赤黒くなる場合もあります。

 

強い痒みがあっても掻きすぎないようにしましょう。

 

刺激の強いシャンプーを使わなければ、自力で治せる可能性もあります。

 

接触性皮膚炎でのかさぶたは、アレルギーや外相が原因御皮膚炎ですので強い痒みがあるので、掻きすぎて出血し、それからできる赤黒いかさぶたです。

 

水ぶくれや湿疹を出ることがあります。

 

できるだけ刺激の少ないシャンプーを使った方がいいでしょう。

 

脂漏性皮膚炎によるかさぶたは、白くなることが多いです。

 

肌の常在菌であるマラセチア菌の餌になる皮脂が過剰で、菌の活性化によって炎症を引き起こし、肌の循環再生が正常に働かなくなるからです。

 

頭部白癬でのかさぶたは、膿によるもの、血が固まったものがあります。

 

原因は白癬菌で、水虫が頭皮にできたと考えてください。

 

よほど丁寧に地肌ケアしないと完治まで最も時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 

 

page top