頭皮のかさぶたについて、防止することや緩和するための心構えです。

頭皮のかさぶたについて、防止することや緩和するための心構えです。

皮脂の分泌を抑える:ビタミンB群を意識して脂物や甘いものを極端に多くせず、栄養バランスの整った食事にしましょう。

 

 

ホルモンバランス/新陳代謝の改善:ホルモンバランスの安定化のためには、質の高い睡眠とストレスを溜めないことが重要です。

 

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯でもありますので、そのため寝るときは胃を軽くする、ブルーライトは避けるなどの工夫が必要です。

 

また、日中の運動は血行も新陳代謝も良くなり、寝つきも良くなります。

 

洗髪と洗髪後:頭皮を無駄に刺激しないようアミノ酸系や植物由来のシャンプーを使用しましょう。

 

また、シャンプー後に濡れたままの状態ではマラセチア菌が増えてしまうこともありますので、しっかり乾かしましょう。

 

痒みを抑える、皮膚炎を治す:痒みを抑えれば掻くことが減り頭皮に傷を作ることはないでしょう。

 

ですから痒みが強かったり黄、赤黒のかさぶたは、皮膚炎だと思い病院で正しい処置をしてもらうことが賢明です。

 

 

 

 

 

頭皮の一部分に白いかさぶたができてかゆい。

 

そして、白いカサカサのフケが落ちるようになった。

 

病気だろうか?

 

頭皮かさぶたは、自分でできそうな対処法をする。

 

たとえば、ベビーオイルやクリームなど塗り過ぎに注意してケアしてみよう。

 

 

 

 

 

精神的ストレスや睡眠時間の不足、栄養不足もカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

 

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり寝不足は、体全部の血流を悪くします。

 

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌再生のサイクル(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

 

それは肌が外側の刺激に耐える力や保水する力が低下し、乾燥につながります。

 

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

 

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌再生のサイクルが、短い状態です。

 

肌再生のサイクルを正常化させるには、まず正しい睡眠が必要です。

 

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、1回目のノンレム睡眠をキチンと深い眠りにできるかが大切です。

 

次に食生活です。

 

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、中でもビタミンAとビタミンB6は新陳代謝を促すことに寄与するので、上手に摂れるように食事のバランスに気を付けてください。

 

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

 

ビタミンB6はレバーやマグロが含有量が多く、手軽さでいえばバナナです。

 

 

 

 

 

page top