頭皮の匂いを消すというスプレータイプの商品を使ってみたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

頭皮の匂いを消すというスプレータイプの商品を使ってみたが、ニオイが消えたとは思えなかった。

頭皮の匂いは病気なのか?

 

 

頭皮の臭い対策シャンプーをいくつか使ったが、洗っても何をしても治ったとは思えない。

 

臭うなと感じたときは、ドラッグストアーでおすすめのポップを見て購入し試したが、変わったような気がしなかった。

 

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

 

 

 

 

 

汗はニオイの原因になります。

 

汗対策は、頭皮に湿疹ができてしまうことも防ぐことができます。

 

ネットでの口コミによれば、市販の重曹とハッカ油で消臭剤や制汗剤を手作りできるので、試してみる価値はありそうですが、汗拭きシート、制汗スプレーなどコンビニでも買える汗ケア商品でも手軽に汗対策することが必要です。

 

どんな商品を使えばいいか、最初は売れ筋ランキングの上位から選べばほぼ間違いないでしょう。

 

美容室やサロンでよく聞く話だと、ヘッドスパや頭皮のクレンジングは気持ちも頭皮もさっぱりしてお薦めです。

 

ただし、何よりも自宅でのシャンプーはもちろんシャンプー後のケアが重要とのことです。

 

毎日のシャンプーに注意しても乾燥が激しい場合は、オイルシャンプーまたはオイルクレンジング、それとオイルマッサージを試してみるといいでしょう。

 

それと最近の流行では、塩浴です。

 

シャンプーやソープを一切使わないで、しおだけでケアする方法です。

 

海水浴から帰ってきた後に髪が数時間後にべたつくのと原理は同じで、塩が余分な皮脂を頭皮の外に出した状態です。

 

 

 

 

 

皮脂は、頭皮のニオイに大きく影響しています。

 

なぜなら皮脂は、ニオイのもと肌の常在菌(マラセチア菌)のエネルギーになるからです。

 

皮脂は、皮脂腺から分泌されます。

 

肌のすべてに皮脂腺はあって、とりわけ頭皮の皮脂腺の数は最も多いです。

 

つまり、常在菌が生き続けるための餌をもっとも分泌する場所であり、結果的には常在菌が増える要因でもあります。

 

常在菌が増えれば、必然的に悪臭も増えるというわけです。

 

 

 

 

 

page top